認可保育所と認可外保育所の違いは?

認可保育園と認可外保育園どちらがおすすめ

認可保育所とは、厚生労働省の児童福祉法に基づき
各都道府県、あるいは行政が設置を認めた施設です。

 

保育士の人数とか設備、カリキュラムなど
一定の条件を満たすことが認可の条件となります。

 

認可保育所には、自治体が運営している公立保育園
そして、社会福祉法人が運営している私立保育園

 

公立保育所の保育士は公務員という扱いになり
ですので例えば給料面は、国や自治体に所属する
公務員の給与体系に基づいて支給されます。

 

私立保育所になると、自治体からの補助金の有無などで
給与額もさまざまとなってきますので
事前に金額や、手当ての有無など確認しておくことが大切です。

 

ですから、私立保育園への転職を考えるなら
保育士転職エージェントのコンサルタントに依頼して

 

給与額、待遇面を間違いなく確認しておきましょう。

 

入職後のミスマッチを防ぐためにも大切なことです。

 

逆に認可外保育所は、厚生労働省の児童福祉法に基づいた
認可を受けていない保育園ということですね。

 

一般的に民間企業や個人が運営しているケースが多く
事業所内保育、院内保育、ベビーホテルなど
さまざまな施設があることが特長といえます。

 

単純に考えると、認可保育所の方が働きやすいと思いますが
認可外保育所でも、独自の保育カリキュラムを重要視していて
あえて認可外のままでいる施設もあります。

 

あなたが保育園の雰囲気や、人間関係重視で転職を考えるなら
認可・認可外にとらわれず、まず施設を見てみることがおすすめです。

 

ただし、認可外保育園でも給与体系はさまざまですから
事前にコンサルタントに確認しておくことが大切ですよ。

 

ちなみに東京都では、独自に認証保育園の制度を設けて
東京都の基準の中で、都と区が補助行っている施設もあります。

 

保育士不足が深刻化している東京独自の施策ですね。

 

その他、幼保一体型の施設認定こども園も全国的に増えていて
地方でも、待機児童ゼロに向けた施策が打たれているわけですね。