保育所と幼稚園の違いって?

幼稚園と保育園の違い

現役の保育士さんや元保育士さん
あるいは幼稚園の先生なら、よくご存知だと思いますが

 

これから保育士または幼稚園の先生を目指すあなたに
保育園と幼稚園の違いを簡潔にまとめてみました。

 

知っていたようで、知らなかったこともあるかも?

 

  保育園 幼稚園
管轄省庁 厚生労働省 文部科学省
法律 児童福祉法 学校教育法
施設 児童福祉施設 学校
対象年齢 0歳〜小学校入学まで 満3歳〜小学校入学まで
担当 保育士 幼稚園教諭
拘束時間 原則8時間 標準4時間

 

大まかな違いとして、こんな点が挙げられるでしょうか。

 

保育園は厚生労働省管轄

保育園は、厚生労働省の児童福祉法に準じて
福祉・生活を大きな目的に運営されています。

 

預けられる時間は、原則として1日8時間ですが
なかには延長保育を行っている施設もありますね。

 

幼稚園は文部科学省管轄

幼稚園は、文部科学省の学校教育法に準じて
教育を大きな目的として運営されています。

 

入園中の教育時間は原則として4時間で

 

最近では、子供の個性や才能を伸ばすことに視点を当てた
カリキュラムも多く組まれてきているようですね。

 

少子高齢化が叫ばれている現代ですが
といって、待機児童が増え続けていることも実情

 

待機児童ゼロに向けて、保育の施設や
保育士の数もまだまだ不足していますので

 

今、保育士や幼稚園教諭を目指しているあなたに
大きな期待がかかっているといえるわけですね!