ピアノが苦手な保育士の転職は難しい?

ピアノが苦手な保育士の転職方法は?

ピアノが苦手・・が悩みの保育士も案外多いんですね。

 

なかには、保育の仕事や子供は好きで続けたいけれど
ピアノが苦手なことが苦痛で、保育士を辞めてしまう・・

 

こんなケースも現実問題としてあります。

 

また、ピアノを取り入れていない保育園への転職を
考える、希望される保育士さんもありますが

 

保育の業務としてピアノは大切な手段のひとつだといえます。

 

ですので、ピアノのない保育園への転職・就職となると
数もかなり限られますし、ピアノを弾きたくないという転職理由だと

 

正職員での入職はちよっと難しい・・かもわかりません。

 

ママさん保育士の復職なら、短時間のパート勤務で
ピアノを演奏しないことを希望の条件に加えることも可能ですが。

 

保育士にピアノ演奏は必要

正社員としての転職・就職を希望するなら
ピアノの演奏は必須だといっても過言ではありません。

 

じゃあ、どうすればピアノが克服できるか・・という悩みを
転職エージェントのコンサルタントに一度相談してみるとよいですよ。

 

前述したように、保育の業務にピアノは重要ですので

 

まったく弾かなくてすむという保育園はかなり少ないですが
「仕事をしながら教えてもらえる」環境の保育園って案外多いです。

 

特に保育士不足が深刻化している東京都では
ピアノが苦手という理由のみで、保育士を確保しないと

 

これからますます保育士不足が深刻化していくでしょう。

 

職員同士がお互いのできないことをカバーする
できないことを助け合って保育に取り組んでいく

 

こんな姿勢の保育園も、今ではたくさんありますので
まず、あなたがコンサルタントにピアノが苦手なことを相談して

 

コンサルタントが施設側と交渉時、そこを伝えてもらって
理解を示してもらえる保育園を探せば少しは心が軽くなりますよね。

 

要は面接の段階から、あなたがピアノが苦手なことを打ち明け
そこを保育園側も承知の上で、仕事をしながらの指導

 

事前に職員同士でカバーしあっていく了承を得ていれば
ピアノが苦手なことを苦にせず就職先が見つかるかもわかりません。

 

最初からピアノをやらないことを前提で転職活動をすると
範囲が狭く、難しくなりますので

 

事前にピアノが苦手なことを打ち明けて
仕事をしながら練習もできる雰囲気の保育園であれば

 

今の環境よりはストレスが軽減して仕事に打ち込めるかもわかりませんよね。

 

おすすめのエージェントとしては

 

転職の意思は別で悩み相談だけでもOKの保育ぷらす
職場の人間関係を最重視した転職支援の保育エイド

 

あるいは、ピアノの演奏はまったくなしの条件で
パート保育士希望ならほいく畑などがいいでしょう。

 

ピアノが苦手な保育士の克服方法は?

ピアノが苦手な保育士って決してあなただけではありません。

 

転職・就職の面接時に、思い切って打ち明けみると
業務の合間に指導してもらえたり、職員同士で助け合う

 

こんな姿勢の保育園も、思ったよりたくさんありますから
一度コンサルタントに相談してみると心が軽くなりますよ。